インターフェース:外部インターフェースについて

好評発売中です!

バーチャル電子ブロックは、制御ソフトとして、さまざまな可能性が広がります。
バーチャル電子ブロックはコンピュータのシミュレーションだけにとどまりません。
バーチャル電子ブロックでは、外部インターフェースを接続することで、外部センサーの入力信号を受けたり、ブロック回路の信号を外部に出力することができるようになります。
購入申し込みはこちらからどうぞ

センサーブロックを用いることで、センサ ーの入力でバーチャル電子ブロックの回路を反応させることができます。たとえば、リレーブロックに電球をつないで、バーチャル電子ブロックでライト制御を行うなどバーチャル電子ブロックは、制御ソフトとして、さまざまな応用の可能性が広がります。

また、新モデルの各ブロックも接続でき、どんどん拡張して行く事も可能です。


戻る